Everyday in NY is full of new encounters and realizations.
Smalls jazz club has many free sessions on everyday weekend.I jumped in to some interesting sessions and giged with the musicians who I met for the first time,then after the sessions,we became friends..like this.Everyday new encounter creates some new encounters.Btw I’ve been to a few gigs and noticed something.The jazz session music which is often played is quite different that in Japan.Especially in Japan,old school jazz standards is often performed,like Cole Porter,George Gershwin,Duke Ellington etc.But here in NY,they seems to prefer songs like Cedar Walton,Joe Henderson,Wayne Shorter,Bennie Golson etc.Of course playing styles,rhythms,sound resonances are also different.I asked my senior musicians to teach me some songs like that.And trying to know and practice these songs which used to be not familiar to me.This realization was very new and interesting to me. So…me in these couple of days have begun to think and try to find something new, while practicing on the key with some new ideas,inspirations,New York-esque sounds that I met,remembering the many wonderful new sounds I heard during this trip…I think this kind of musical things is the most important stuffs that I really wanted to see abroad.

Facebook 翻訳

NYでは毎日新しい出会いと気づきがいっぱい。 スモールズ・ジャズ・クラブは毎日の週末に無料セッションがたくさんあります。 いくつかの面白いセッションに飛び込んで、初めて会ったミュージシャンとギグして、セッションの後、仲良くなった.. いいね! 毎日の新しい出会いが、いくつかの新しい出会いを生む。 ところで、私はいくつかのギグに行って気づいたことがある。 よく演奏されるジャズ・セッションの音楽は日本ではかなり違います。 特に日本では、コールポーター、ジョージ・ガーシュウィン、デューク・エリントンなど、昔ながらのジャズスタンダードが演奏されることが多い。
でもここNYでは、Cedar Walton、Joe Henderson、Wayne Shorter、Bennie Golsonなどの曲を好むようです。
もちろん演奏スタイル、リズム、音の共鳴も違います。
私は先輩ミュージシャンに、私にそんな曲を教えて欲しいと頼んだ。
そして、以前は馴染みがなかったこれらの曲を知り、練習しようとしています。
この気づきは、私にとってとても新しく、興味深いものだった。
それで… この数日間の私は、新しいアイデア、インスピレーション、ニューヨークらしい音を思い出しながら、何か新しいものを探そうとし始めました。
こういう音楽的なものは、海外で本当に観たかった最も大事なものだと思う。

4th Album『Midnight in Blue』2023/10/11 RELEASE!!
Midnight in Blue

数々のジャズチャートで1位を獲得した高木里代子× Steelpan Records三作品に続く、ストレートアヘッドジャズ第四弾最新作。
前作『The Piano Story』同様、リズムセクションに日本のTopミュージシャン(Bass 井上陽介、Drums 則竹裕之)を迎え、2023年秋冬の夜長にぴったりの、スローバラードと沁みるメロディのオリジナル曲&スタンダード曲を中心に構成。
マスタリングは伝説のマスタリングエンジニアDougSaxの愛弟子Jett Galindo。セレナゴメスからニールヤング、ダイアナクラール、ポールマッカートニーなども手がける逸材。リラックスした大人の時間にこの1枚。

1.Las Velas/Riyoko Takagi 05:50
2.Lay It Down/Riyoko Takagi 04:59
3.Detour Ahead/Herb Ellis, Johnny Frigo, and Lou Carter 05:04
4.Água de Beber/Antônio Carlos Jobim 04:44
5.Tempus Fugit/Bud Powell 04:08
6.In Your Own Sweet Way/Dave Brubeck 05:05
7.Bluesette /Toots Thielemans 04:18
8.One For Helen/Bill Evans 05:05
9.Last Tango In Paris /Gato Barbieri 04:02
10.Two For The Road/Henry Mancini 03:59
11.Autumn Song/Riyoko Takagi 05:52

Piano 高木里代子(Riyoko Takagi)
Bass 井上陽介 (Yosuke Inoue)
Drums 則竹裕之(Hiroyuki Noritake)

■アマゾンAmazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CG87H7F2
■ディスクユニオンDisk Union
https://diskunion.net/jazz/ct/detail/1008723326
■タワーレコードTower Records
https://tower.jp/item/6164641/Midnight-in-Blue
■エイチエムブイHMV
https://www.hmv.co.jp/artist_高木里代子_000000000654291/item_Midnight-In-Blue_14234691

Twitterでフォロー